「特定非営利活動法人 山の自然学クラブ」のご紹介

自然がわかるって、面白い。やってみるって、ドキドキ。

特定非営利活動法人 山の自然学クラブでは、会員以外の方が自由に参加できる講座や、自然を守るボランティア活動を実施。学んで活動できるプログラムを提供しています。下記をご覧になって面白そうだと思った方、お気軽にお問い合わせください。会員になって自分の興味のある活動を立ち上げるのも大いにアリ。山の自然学クラブは、知的好奇心と行動力のカタマリのような人が集まっているNPOです。

いつもの山歩きがもっと楽しくなる!
山の自然学講座2015

〜 自然の成り立ちを理解する全10講座 〜

日本列島と列島を形づくる日本の山は世界に類を見ない特徴があります。18年目となる「山の自然学講座2015」では、各分野で活躍する方々を講師に招き7回の室内講座(座学)と3回の現地講座を実施。地質、地形、気候、植生など自然を形づくる様々な要素を取り上げてその成り立ちや相互の関連について広く講義します。

>日程&実施内容

集中講座の様子

室内講座

どなたでも参加できる室内講座(座学の公開セミナー)を、都内で定期的に開催しています。様々な研究をされている大学の先生や、森林インストラクター、樹木医などから貴重なお話を聞いたり、懇談したりと充実した学びの場です。

>実施例(2014年7月5日)

室内講座の様子、「崩れる日本アルプス―
    大規模地すべりの自然地理学」「花粉からわかる日本列島の歴史」

現地講座

北アルプス、八ヶ岳をはじめ各地のフィールドで、専門家の方に現地を見ながらレクチャーしていただく泊まりがけの講座です。テーマは植物や地質、山や森の成り立ち、気候変動など様々。学んだことをその場で確認でき、収穫の多い楽しい時間です。ジオパークに指定された三陸地方など、開催場所はまだまだ拡がります。

>実施例(2014年6月)

2014年6月開催、浅間山の高山植物と植生遷移

首都圏講座

現地講座の日帰り・東京近郊版です。高尾山の自然、武蔵野の里山、新田開発、玉川上水など、こちらも場所やテーマは様々。生活文化をも含めた学びの機会です。身近で新しい発見に出会えます。

>報告例「春の玉川上水を歩く ~ 羽村の堰」

首都圏講座のイメージ写真

志賀高原インタープリテーション活動

毎年、奥志賀のペンション「シャレークリスチャニア」では、山の自然学クラブとの共催で、周辺の自然を散策しながら学んでいただく「夏休み自然教室」を開催。 山の自然学クラブのメンバーがボランティアのインタプリターとしてご案内しています。

>今年の実施予定(2014年8月1日〜15日)

インタプリタ活動の様子

木曽駒ヶ岳:高山植生モニタリング

中央アルプスの木曽駒ヶ岳、三沢岳の数カ所で継続的に高山植物の植生調査、地中温度の測定などの活動を行っています。長期モニタリングとは、いわば自然の定期健診。毎年の状態を記録しておくことで、変化を知り、悪い兆候を早めに捉えることができます。8月の現地調査では毎年ボランティア参加者を募集しています。

>「高山植生モニタリング」トップページ

木曽駒ヶ岳での高山植生モニタリング作業風景

富士山の森づくり(森林復元活動)

国や森林管理所との協定に基づき、富士山の南麓、標高1,000m付近の国有林で植林活動をしています(富士山南麓森林復元活動)。台風の被害にあって荒廃した人工林の跡を、天然の森にもどすのが目的です。植樹・森の手入れ・種の採取など年間を通して作業があり、毎回ボランティア参加者を募集しています。

>「富士山の森づくり(森林復元活動)」トップページ

富士山と現地での作業風景

三陸・北上地域の活動

山の自然学クラブでは「三陸・北上地域の活動」として、自分たちの経験と行動力をもとに、できるところから、自然の恵みを活かして地域に貢献する活動を行っています。様々なNPOや団体、学校法人、現地の方々との協働で「自然学ツアー」「自然再生プロジェクト」「十三浜プロジェクト」などが進行中です。

>「三陸・北上地域の活動」トップページ

2014年7月に開催した第4回「自然学ツアー」