山の自然学講座2020
2月18日(火)

第2回室内講座

日本の成り立ちと山の地質

講師:柿崎 喜宏(明治大学 研究推進員、東京大学 特任研究員[兼任])

講義内容

山の自然にはさまざまな魅力があふれています。その魅力の一つが,稜線・尾根・谷など,広大な山の地形ではないでしょうか。山の地形を構成しているのが岩石や地層で,その成り立ちには必ず地質学的な理由があります。

日本列島は,プレートがプレートの下に潜り込む「沈み込み帯」の地殻変動によって形成されました。そのため日本の山々には沈み込み帯の地殻変動に特有の地層や岩石が多数残されています。山を歩き,地質を学ぶことで,日本の成り立ちを知ることができます。山は絶好の地質学の教科書です。

この講義では,日本列島の成り立ちと日本の山々の地質の関係についてお話しします。

  1. プレートテクトニクスとは?
  2. 日本と沈み込み帯 ─アジアの東の日本
  3. 付加体 ─海底の岩・砂・泥と南の島のサンゴ礁を取り込んだ地層
  4. 島弧と火成活動 ─火山が1列に並ぶ理由
  5. 沈み込み帯の変成岩 ─対照的な2種類の変成岩
  6. 日本列島の誕生 ─日本海が開いて日本が「島」になった
  7. 大陸の衝突 ─チベット高原の形成とアジアの変形
  8. 島弧の衝突 ─関東山地と武蔵野台地の関係

講師プロフィール

柿崎 喜宏 (かきざき よしひろ)
明治大学 研究推進員(東京大学 特任研究員[兼任])

1982年 山形県生、新潟大学卒、広島大学大学院博士課程後期修了、理学博士
専門:地質学 (特に石灰岩の堆積学と層序学),古生物学,古海洋学

実施概要

  • 日時:2020年2月18日(火)18:30 ~ 20:50
  • 会場:ici club 神田EARTH PLAZA
  •    東京都千代田区神田小川町3-6
  •    [MAP] https://www.ici-sports.com/shop/tnfbcmapclubkanda/
  • 受講料:(この講座のみ受講する場合)3,500円(当会会員および学生は3,000円)
  •     ※資料代込み。受講者は当年開催・実施する当会行事すべてに会員価格でご参加頂けます。
  • ※ 全10回(室内講座7回+現地講座3回)を通し参加される場合は割引になります。全10回で30,000円(当会会員および学生は20,000円)。
  • ※ また、以下の特典がつきます。
  • 最終日に「修了証」をお渡しします
  • 前年度発行の当会年会報「山から始まる自然保護」を一部差し上げます

★ 直近のお申し込みも可能です。ふるってご参加ください! ★

お申し込み方法
運営:特定非営利活動法人 山の自然学クラブ All Rights Reserved ホームページ 活動ハイライト