山の自然学講座2022
2月19日(土) *終了しました

第2回室内講座

日本の成り立ちと山の地質 〜海から大地が産まれ、そして山になる

講師:柿崎 喜宏(室戸ジオパーク推進協議会地質専門員)

※この講座は、Zoomによるオンライン講座です。見逃しYouTube配信も視聴できます。
※会場(高知県 室戸世界ジオパークセンター セミナールーム)での聴講も可能です。岩石を使用した簡単な実験を行いますので、室戸周辺にお住まいの方には会場での聴講をお勧めします。

講義内容

山の自然にはさまざまな魅力があふれています。その一つが、広大な山の地形ではないでしょうか。山の地形を構成する岩石や地層の成り立ちには、必ず地質学的な理由があります。

日本列島は海のプレートが沈み込む場所に位置します。日本の岩石や地層は何億年もかけて海の中で、あるいは海のプレートの沈み込みによって形成されました。5000万年前に海の向こうで隆起した大山脈はアジアの自然に決定的な影響を与えています。そして300万年前には日本各地の山々が隆起をはじめ、私たちの住む土地を産み出しています。

この講義では地質学を出発点として、海から大地が生まれ山ができるまで、そして山が産み出すものについてお話しします。

室戸ジオパークに着任した柿崎先生が現地から講義配信します!現地の最新情報も期待。

  1. 大地を産み出す地球の動き
  2. 付加体: 海から大地が産まれる場所
  3. 沈み込み帯のマグマと変成作用
  4. 大陸衝突とアジア
  5. 島弧衝突と関東地方
  6. そして日本の山は隆起した
  7. 山々が産み出すもの
白峰三山
谷川岳 オキノ耳
酒田沖から望む鳥海山
雲取山
飯豊連峰
室戸岬(灯台下)

講師プロフィール

柿崎 喜宏 (かきざき よしひろ)
室戸ジオパーク推進協議会地質専門員

1982年 山形県生、新潟大学卒、広島大学大学院博士課程後期修了、理学博士
専門:地質学 (特に石灰岩の堆積学と層序学),古生物学,古海洋学

実施概要

※この講座は、オンライン会議システム Zoom を使用して自宅等で受講していただきます。受講された方は見逃し配信(一週間後からYouTubeにて)もご覧になれます。

  • 日時:2022年2月19日(土)14:00 ~ 17:00
  • 受講方法:Zoomによるオンライン形式。2日前に参加URLをメールでお知らせします。時間5分くらい前に接続設定しておいて下さい(PCから視聴する場合は配信開始から自動的に始まります。スマートフォンの場合はあらかじめZoomアプリをインストールしておいた方がよいようです)。講座翌日から一週間程度、録画動画をYouTubeに掲載し、URLをメールでお知らせします。配布資料がある場合はWebサイトからダウンロードできるようにご案内いたします。
  • 受講料:(この講座のみ受講する場合)3,500円(当会会員および学生は3,000円)
  •     ※資料代込み。受講者は当年開催・実施する当会行事すべてに会員価格でご参加頂けます。

※この講座は、下記会場での聴講も可能です。岩石を使用した簡単な実験を行いますので、室戸周辺にお住まいの方には会場での聴講をお勧めします。

  • 会場:室戸世界ジオパークセンター 2階 セミナールーム
  •    高知県室戸市室戸岬町1810-2
  •    [MAP] https://www.muroto-geo.jp/access/
  • 受講料:(この講座のみ受講する場合)3,500円(当会会員および学生は3,000円)
  •     ※資料代込み。受講者は当年開催・実施する当会行事すべてに会員価格でご参加頂けます。
  • ※ 全11回(室内講座6回+現地講座5回)を通し参加される場合は割引になります。全11回で35,000円(当会会員および学生は25,000円)。
  • ※ また、以下の特典がつきます。
  • 最終日に「修了証」をお渡しします
  • 前年度発行の当会年会報「山から始まる自然保護」を一部差し上げます

★ 直近のお申し込みも可能です。ふるってご参加ください! ★

お申し込み方法
運営:特定非営利活動法人 山の自然学クラブ All Rights Reserved ホームページ 活動ハイライト