山の自然学講座2022
4月23日(土) *終了しました

第5回室内講座

水の相変化と気象現象

講師:佐藤 篤司 株式会社工学気象研究所(専門:雪氷防災・寒地環境)

講義内容

雪や氷は私たちの身の回りにいつも存在しています。夏になると氷水やアイスクリームが、冬になれば、美しい雪の結晶が舞い降り、積もった雪は雪だるま、スキー・スケートと雪や氷と身近になります。

一方、多すぎる降雪は多種多様な雪害を引き起こします。雪崩、吹雪、着雪、交通障害を起こす道路の雪氷などなど。

これらの百面相を持つ雪や氷を色んな角度から眺めてみたいと思います。

  1. 氷の結晶 ・・・・ 熱い氷は作れるか?
  2. 雪の結晶 ・・・・ なぜ6角形か?
  3. 雪は特異な物質・・・雪は暖かい?
  4. 雪氷現象・・・・・・雪崩、吹雪、着雪、なぜ、こわい? 
  5. 樹氷・・・・・・・ 誕生の秘密
  6. カーリング・・・・ ストーンはなぜ、曲がる?
  7. 実験・・・・・・・・「複氷」または「過冷却水」
2018年の御神渡り
スウェーデンの氷河
雪の赤湯温泉
雪の重みで車庫がつぶれる

講師プロフィール

佐藤 篤司(さとう あつし)
株式会社工学気象研究所(専門:雪氷防災・寒地環境)

元:防災科学技術研究所雪氷防災研究部門長、北海道大学大学院環境科学院客員教授、国立極地研究所特任研究員、長岡技術科学大学客員教授、北海道大学低温科学研究所 招へい教員

実施概要

  • ※会場が変更となりましたのでご注意ください
  • 日時:2022年4月23日(土)14:00 ~ 16:30
  • 会場:家庭クラブ会館/第3会議室
  •    東京都渋谷区代々木3-20-6
  •   (JR新宿駅南口より徒歩8分、都営地下鉄新宿線・大江戸線新宿駅より徒歩4分)
  •    [ホームページ] [MAP]
  • 受講料:(この講座のみ受講する場合)3,500円(当会会員および学生は3,000円)
  •     ※資料代込み。受講者は当年開催・実施する当会行事すべてに会員価格でご参加頂けます。
  • ※ 全11回(室内講座6回+現地講座5回)を通し参加される場合は割引になります。全11回で35,000円(当会会員および学生は25,000円)。
  • ※ また、以下の特典がつきます。
  • 最終日に「修了証」をお渡しします
  • 前年度発行の当会年会報「山から始まる自然保護」を一部差し上げます

★ 直近のお申し込みも可能です。ふるってご参加ください! ★

お申し込み方法
運営:特定非営利活動法人 山の自然学クラブ All Rights Reserved ホームページ 活動ハイライト