3月19日(土) *終了しました

現地講座1(日帰り)

東村山:狭山丘陵のふもとで発展した東村山の地形地史

講師:小泉 武栄(東京学芸大学名誉教授)

講義内容

狭山丘陵の東端にあたり、旧国境/重要な街道沿いの場所に位置する東村山。縄文時代からの遺跡のほか国宝として名高い正福寺地蔵堂など名所旧跡も多い土地柄です。地形や立地の特徴などを現地で歩きながら見学しましょう。

■ 小泉先生の以前の現地講座の様子

実施要項

  • 集合場所:西武新宿線 東村山駅
  • 集合時間:10:30
  • 解散:15:00 東村山駅を予定
  • 持ち物:昼食、飲料水、地図、コンパス、筆記用具、ルーペ、双眼鏡、カメラ、雨具、他

講師プロフィール

小泉 武栄(こいずみ たけえい) 東京学芸大学名誉教授

1948年長野県生、東京学芸大学卒、東京教育大学大学院修士課程修了、東京大学大学院博士課程単位取得、理学博士

  • 専門:自然地理学、地生態学
  • 著書:「観光地の自然学 ジオパークに学ぶ」(古今書院)、「日本の山はなぜ美しい」(古今書院)、「山の自然学」(岩波新書)、「山の自然教室」(岩波ジュニア新書)、「自然を読み解く山歩き」(JTBパブリッシング)、「日本の山と高山植物」(平凡社新書)、「自然景観の成り立ちを探る」(玉川大学出版部) ほか

実施概要

  • 日時:2022年3月19日(土)
  • 受講料:(この講座のみ受講する場合)3,500円(当会会員および学生は3,000円)
  • ※資料代、行事保険料が含まれています。受講者は当年開催・実施する当会行事すべてに会員価格でご参加頂けます。なお、実施日まで一週間未満にお申し込みいただいた場合、行事保険や、当日使用するトラベル・イヤホンの手配ができない場合があります。あらかじめご了承ください。
  • ※ 全11回(室内講座6回+現地講座5回)を通し参加される場合は割引になります。全11回で35,000円(当会会員および学生は25,000円)。
  • ※ また、以下の特典がつきます。
  • 最終日に「修了証」をお渡しします
  • 前年度発行の当会年会報「山から始まる自然保護」を一部差し上げます

★ 直近のお申し込みも可能です。ふるってご参加ください! ★

お申し込み方法
運営:特定非営利活動法人 山の自然学クラブ All Rights Reserved ホームページ 活動ハイライト